ホラアカ心霊スポット/廃墟マップ 栗山の泣く木

栗山の泣く木 北海道
スポンサーリンク

栗山の泣く木

北海道夕張郡栗山町桜丘の国道234号線沿いにあったハルニレの巨木。

1932年に木が生える湖畔の崖と夕張川の間を通る国道を拡張、直線化の計画が持ち上がる。

直線化のためには木を伐採する必要があるため、作業員たちが鋸で切ろうとしたところ、泣き声のような音が上がり、鋸が使い物にならなくなった。

別の作業員が斧で切り込むと、斧が柄から折れ、作業員の腹に刺さり、出血多量で死亡。

馬に引き倒させようとすると、ロープが切れ、馬が転倒して馬車引きが下敷きになってしまう。

他にも木をなんとかしようとする度、事故や不幸が起こるため、結局道路は木を避けたカーブした状態で完成することに。

その後、木を伐採する計画は立てられなかったが、1954年の洞爺丸台風によって上半分が折れてしまう。

その後、1970年に再び国道の拡張、直線化の計画が持ち上がるが、やはり木の扱いで揉めることに。

そんな中、酔っぱらった作業員がチェーンソーで木を切り倒してしまう。

普通に考えたら工事推進派に雇われたとしか思えない行動ですが、結局根株が残っているため、直線化は行われませんでした。

ちなみにこの作業員はまもなく亡くなったと語られることが多いですが、実際には特に事故等にあうこともなく無事。

ただし、心無い行動をとったことを非難され、土地を去ることにはなったらしい。

しかしそれ以降、木を避けるカーブ付近で事故が多発したため、すでに朽ちかけていた木の周辺を整備し、近隣に生えていた若木を移植。

傍らに祠を建てて慰霊に努めているとのこと。

元々この木の付近には栗山トンネルを掘削する際に亡くなった作業員たちが埋められているという話があり、木が泣くのはその霊たちの声とも言われています。

多発する事故もそういった霊たちの仕業ではないかという話もありますが、首を吊ったアイヌのカップルや、そもそも木が神木化しているような話もあるので、これという明確なものはないようです。

栗山の泣く木動画

ガマグチヨタカの会

マップ

注意事項

本サイトでは心霊スポットや廃墟の動画、地図を紹介していますが、あくまで情報として楽しむことを目的としており、実際に訪れることは推奨しておりません。

基本的に動画をアップされている方々は、きちんと許可をとっていたり、下調べ等をして、自己責任で心霊スポットや廃墟を訪れています。

一般の方が面白半分に訪れた場合、不法侵入等の犯罪になったり、廃墟となっている場所は不審者やアウトローな方々がいることもあり、トラブルに巻き込まれる可能性もあります。

また、実際に霊障を受けてしまうこともありえるので、実際に訪れるのはおやめください。

※訪れることを想定していないため、マップの情報はリアルタイムのものではありませんし、あくまで情報として調べたデータなので、現在は違う建物になっているとか普通にあります。(20211026追記)

北海道
ghostspotをフォローする
スポンサーリンク
HorrorArchive(ホラアカ) 心霊スポット/廃墟マップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました